好きな本

「君の名残を」 浅倉卓弥

Kiminonagoriwo

これ 数年前に初めて読んだ本なのですが

また 急に読みたくなって読んでいます。

やっぱり面白い~happy01

現代の高校生3名が平安末期にタイムスリップし

そこで 誰もが知る歴史上の人物となって生きていく。。

まさにストーリーは 今 流行の歴女が泣いて喜びそう~

って こう書くと少年少女のSF小説っぽいと思うでしょ

それが 読み応えあるスケールの大きな骨太の時代小説なんですよ!

武蔵という高校生は自分があの武蔵坊弁慶となる定めだと知る。

教科書上の知識で 最後は弁慶の立ち往生とまで言われているように

弓矢に貫かれ 悲惨は最期を遂げる。。

自分の運命の結末を知っていて・・・そこから逃げ出さず懸命に生きていく

平家物語をベースに 時の流れとは・・・ 輪廻とは・・・ 生きるとは・・・

愛する人の最後を知りながら それでも愛さずにはいられない切なさ 強さ 儚さ

交差する想い。。。

あまり書くと ネタバレになるのでw

でも お勧めの本です^^

もし 興味あるなら読んでみてください^^

.

ブログランキング・にほんブログ村へ

.

| コメント (14) | トラックバック (0)

風のガーデン 貞三先生の花言葉

Hanakotoba_6

   春爛漫って言葉がぴったりな時候になってきましたね~sun

  こんな時 カメラ片手に 春の野山を ぶらり 歩いてみてはいかが?

  きっと可愛い春の天使たちに逢えると思いますよ^^

  そこで おススメの本の紹介です (⌒^⌒)b 

  これね~ 野の花の花言葉集なんだけど 只者じゃありません。

  なんてったって あの倉本聰が「風のガーデン」の貞三先生になりすまし

  勝手気ままに作った花言葉たちなのぉ~^^

  言いえて妙~って感心してみたり 思わずふき出したり・・(*≧m≦*)ププッ

         例えば 今 咲き誇ってるこのチューリップ

      2007211_0724         

             その花言葉は「女王陛下の衣装箱」

                    うふふ^^言えてるよね~^^

      Imgp0348

            ホタルブクロは 

               「花園の小人の禿かくしの帽子」 

                   (*≧m≦*)ププッ ノーコメント♪

      Monaruda

            モルダナ(ホワイト)

               「女の流し目は洪水を引き起こすが

                 自分の目だけは絶対流れない」

                   (ノ∇≦*)キャハッッッ♪ 

                   オンナは計算づくよぉ~クールビューティheart02

      Odanaki

            西洋オダマキ

               「恥ずかしがりやの鬼ばばあ」

                  なっち的にはこれが一番受けたぁ~( ̄m ̄〃)   

                  え? 私じゃないですよぉ~ 念のため(笑

.

  みなさんも 是非 お気に入りの花言葉 探してみてはいかが? wink

   

      

ブログランキング・にほんブログ村へ

| コメント (10) | トラックバック (0)

ちいさなちいさな王様

Ousama

「ちいさな ちいさな王様」

                         著者:アクセル・ハッケ                         

                              装画:ミヒャエル・ゾーヴァ

.
  古本屋さんで 目に付いたこの表紙。
  なんだか油絵の臭いがしそうで 
  おもわず手にとってみました。
  なんか妙に存在感があるでしょう (⌒^⌒)b 
  絵本かな? って 軽く開いて 立ち読みしだすと
  これがまた 内容がすごい深いの^^

. 
  ある日 ふらりとあらわれた人差し指サイズの小さな王様。。

   日常じゃ思いもしなかったことを 考えさせてくれるの^^

.
  例えば・・

    もしかして 寝てるってことが本当は起きていることだとしたら??

   寝てるっていうのは 自分の概念で本当は起きてるんじゃないか
  逆に 起きてるって思っているだけで 意識は寝てるんじゃないか
  なんて この王様が シュールに ファンタジックに語ってくれます。
  他にも 
  大きくなると小さくなる
  命の終わりは永遠の始まり・・ 等
  まさに哲学 フロイトの世界です^^
  じっくり 繰り返し読むとまた味わい深い。

.

  こんな王様が 突然 ちょこんって 側に現れたらなぁ~
  でも たぶん この本流にいくと
  王様はいつもいるよ。。
  気づいていないだけなんだよ。。。  confident

.

.

ブログランキング・にほんブログ村へ

| コメント (19) | トラックバック (0)

朝のリレー

20070441

谷川俊太郎 「朝のリレー」

      カムチャッカの若者が

      きりんの夢を見ているとき

      メキシコの娘は

      朝もやの中でバスを待っている

      ニューヨークの少女が

      ほほえみながら寝がえりをうつとき


      ローマの少年は

      柱頭を染める朝陽にウインクする

      この地球では

      いつもどこかで朝がはじまっている




      ぼくらは朝をリレーするのだ

      経度から経度へと

      そうしていわば交替で地球を守る

      眠る前のひととき耳をすますと

      どこか遠くで目覚まし時計のベルが鳴ってる

      それはあなたの送った朝を

      誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ

                      

clover 

   谷川俊太郎の詩 大好きな詩のひとつです。

   なんだか想像すると 愉快でしょ^^

   朝のバトンリレーで 地球は回ってる 

   (-ε-)b" ううん

   みんなが 朝をバトンするために 地球を回してる^^

   ってほうが 素敵かな^^

.

     誰かが送ってくれた朝に 寒い~sadsleepy なんて 文句言えませんよね。

   送ってくれた誰かに おはよう~ ありがとう~♪happy01shine って挨拶^^ 

   きっと それだけで楽しい一日が待ってる気分になるかな^^

   ほらっ

   かすかに 目覚ましの音がする clocknotes

   誰かに送った わたしのバトン

   あなた 素敵な朝を迎えてね heart02

   

   

   

   

   

    

| コメント (8) | トラックバック (0)